スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死角に注意せよ!

 FPSはご存じ「一人称視点シューティングゲーム」の略だ。
三人称視点アクションゲーム(たとえばデビルメイクライとかメタルギアソリッドとか)は操作キャラクターの側面や背後はおろか背後すら見ることができる。
しかしFPSではそういうわけにはいかない。視点は前方に限定されて側面や後方は全く確認できない。
じゃあ、簡単に確認する方法って?



 単に確認する方法、それは「振り向く」こと。
期待させてゴメンナサイ。でもこれが一番確実で便利な方法なんです。
車の運転で車庫入れするとき後ろを確認するために振り向いたりミラーを利用するのと同じように、FPSでも後方や側面を確認したいときにはサッと振り向けばいいのです。
 人間とは不思議なもので、視界のなかでも一点しか注意しながら見ることしかできません。
TF2の中でいえば前方の先頭に集中しているとき、スパイの変身解除の姿を見かけてもなかなか気づくことはできません。
それに加えて後方や側面を意識し続けるのは難しいものです。

 TF2で死角―つまり後方や側面―を注意すべきシチュエーションは何か。

 メディックに回復されている
  メディックは非戦闘員です。でありながら、ユーバーチャージや傷ついた仲間を癒すという敵から見れば厄介な存在です。もちろん敵からは砲火の的になるわけです。
回復されてる人が活躍するためにも、回復されてる人はもちろん、近くをうろついてる味方も注意してメディックを倒さんと裏を回ってくる敵に注意しましょう。
 逆にいえば、回復されてる人は大抵「俺にはメディックがついてるんだぜ? 倒せるもんなら倒してみな!」みたいにノリノリで突っ込んでくることがあるので、華麗にロケジャンで頭上をスルーして後方のメディックをバラバラにして後悔させてやりましょう。

 スパイが来ている
  スパイは正面から迫ってきません。まあ当然ですね。
スパイの存在を確認するには、味方のSpy!ラジオメッセージがありますが、結構地味でなかなか気づきません

刺された時チャット欄見てみたら

Spy!
Spy!
Spy!

ああ……ごめんなさいorz 気づきませんでした……
TF2の戦場は騒々しいので結構キャラクターのラジオボイスも聞き取りにくいんですよね。
しかもデモマンのスパイボイスはスパイって言うまで遅い。

「ザスナイパーブロッデェスッパァーイ」
         ↑
    この辺で刺される

先にスパイって言えよみたいな。

 敵スパイも厄介なメディック、足の遅いソルジャーやヘビーを狙ってくる上、人気のないところで襲われることもあります。
裏取りしてる最中も油断せずたびたび後ろを振り返るといいと思います。

 敵の来る場所が複数ある
  大抵の戦場で言えると思います。敵の進入路は一つじゃないので、それ以外も注視する必要があります。
2vs1の状況が不利なことは火を見るより明らかですので、その状況を未然に防ぐためにも敵の進入路を常に確認しておきましょう。戦闘中もチラチラ気にしつつ2vs1になったらサクッと潔く引くか、死ぬ気で一人倒すか、カッコつけて「メゲッツ!」てタウントするか。
デモマンは粘着爆弾を天井や通路の出口の壁に付けておけば、別方向から来た敵と交戦しつつ、他の進入路から来た敵を排除できます。
ましてや他の進入路から来た敵からしてみれば、目の前で1vs1のバトルをしてるわけです。
「俺チャーンス! 助太刀すればあのデモマンを倒せる!」って思った所を「ガッビーン!」




 ラス別で周りを確認するときの留意点をまとめてみました。

・ソルジャー
 足が遅いのでスパイに狙われやすいので注意。
当然メディックから信頼されてよくメディックに付いてもらえる。それだけにメディックの安否が気になるところ。正面から戦うと勝ちにくいため、スカウトが死角に回り込んでいる可能性大。
ロケジャンすると神の視点から仲間たちを見下ろせるため、死角から来た敵を倒してあげよう。

・デモマン
 足が遅いのでスパイの(ry 粘着を消しに倒しに来る敵もいるので注意。

・ヘビー
 足が遅いのでス(ry メディックとセットになっているところをあらゆるクラスから狙われる。
ちょくちょく後ろを向いてメディックに迫る魔の手を払ってあげるとよさげかも?
死角じゃないけど、遠方のスナイポメンには要注意。

・エンジニア
 足遅くないけどSGのおかげでスパイに狙われやすいのはもちろん。
SGやディスペンサーをレンチでカンカン叩く合間にサッサッとマウスを振って後ろを向くとスパイの発見率が高くなります。
また、制圧しおわったCP付近をSGなどで固めるためうろうろするときも、スパイや裏取りスカウトなどに要注意。

・メディック
 しっかり死角を確認していればスパイの第一発見者になること多々。余裕がある時はみんなが注目してないような部屋の隅っこなどもクリアリングしておこう。むしろメディック自身が狙われる可能性も高い。
ちなみにメディガンは回復範囲内なら360度どこ向いてても回復できる。
ヘビーが前方に向かって「ウワーッハッハッハ」してる時背中あわせにメディックが後ろを確認しつつ回復することだってできる。シュール。
 スカウトや裏取りに狙われてるのに、回復してあげてる相棒が見向きもしてくれない時は、ラジオメッセージCの1番のHelp!を使ってみましょう。
十中八九ラジオメッセージに気付いてくれずに殺されますが。

・スナイパー
 スコープを覗いてるとどーしても前線の様子が分かりにくいところが多い。
特にdustbowl C 最終CPの通路とか。
自分では後ろの方でスナイプしてるつもりでも、いつの間にかみんな後退してて前線で一人ぼっちになること多々あり。
スパイ・裏取り対策のためにも一息つくごとに他のルートを確認したり、怪しい所をサブマシンガンで撃ってみましょう。時々透明なスパイがかかったりすることも。




 の不意打ちや大量キルの原因とも言える裏取りを防止し、メディックを守りユーバーチャージを連発するためにも背後や側面からの敵襲を積極的に検知していきましょう。
たまたま確認した一回に敵が来る可能性は低いですが、毎回、何度も確認していれば必ず敵は来ます。そのたび「見ててよかった」って思えるようになるはず。
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

Kaboom

Author:Kaboom
TF2で活動しています。
クランには入っていません。カスタムマップを作ってます。
スパイが苦手なダメな子です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。