スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各プレイヤーのヒットボックスを見てみた

 スレにsv_cheatsだけどTPS視点のコンソールコマンドがあるというレスがあったので、CS:Sの時に使ったsv_showhitboxesと併用して各キャラクターのヒットボックスを調べてみた。



 使ったコマンドは、
sv_cheats 1
thirdperson_maymode
sv_showhitboxes 1
です。
thirdperson_maymodeはマウスを動かしてもキャラクターの向きだけが変わって、カメラの位置は不動のモード。バイオハザード2とか、あんな感じの操作感。

 各キャラクター斜めを向かせて撮影しています。
武器の陰にならないように左右変えてるSSもあります。
また、この調査が実際の当たり判定に関して絶対的とは限らないことに注意してください。
「この記事にここにヒットボックスがあるってあったのに、攻撃して当たらなかったぞ! チートだチートだ!」とか言わないでください。



 スカウト

20080527-210306.jpg
20080527-210318.jpg
20080527-210322.jpg
 小さな体にキュッとヒットボックスを詰めた印象。
どのクラスでも言えることだが、頭のヒットボックスの大きさは同じ。
よってスナイパーのヘッドショットはモデルの頭の大きさに依存しなさそうだ。
強化ショットガンのリロード時に手が前の方に出るので正面からするとかなり小さくなる。
逆に、バットを構えている時は大きく手を開いてヒットボックスを開き出すカンジだ。
とにかく逃げたい時はピストルかショットガンを構えた方がいいかもしれない。
ちなみに、背中のバッグにも当たり判定がある。



 ソルジャー

20080527-210358.jpg
20080527-210406.jpg
20080527-210410.jpg
 体の大きさに合わせて、ヒットボックス自体も大きめに設定されている。
ロケットランチャーではやや前かがみなため、正面からのヘッドショットを貰いやすそうだ。
また、ロケットランチャーのリロードで手を後ろに回すときにも全体的に大きくなる印象。
シャベルはもちろん手を広げているのでかなり大きくなる。



 パイロ

20080527-210442.jpg
20080527-210454.jpg
20080527-210458.jpg
 火炎放射機がデカいので当たりやすそうだけど、当たりやすくない・・・というわけでもなく、キャラクターモデルに対してかなりヒットボックスが余り気味。
特に足回りのヒットボックスが大きく、これではロケットランチャーで空を踊らされるのもうなずける。
さらに同周りのヒットボックスが小さめなせいと、前かがみなせいで頭のヒットボックスがかなり露出している。これじゃあいい的である。
ただでさえ装備面で恵まれないパイロなのに、この当たり判定。薄幸なパイロである。
しかも、
20080527-210524.jpg
 わざわざ背中のガスタンクにまで当たり判定が。
開発チームのパイロへの厳しさが垣間見える。



 デモマン

20080527-210600.jpg
20080527-210602.jpg
20080527-210632.jpg
 モデルに対してのヒットボックスの配置がかなり忠実。
グレネードランチャー、粘着爆弾の姿勢変化が少ないが、酒瓶の構えがデカい。
とはいえ、酒瓶構えてるとあのノリノリなリズムを刻んで体を揺らすのでスナイパーにとっては厄介かも。ヒットボックスもしっかりゆらゆら動いている。



 ヘビー

20080527-210702.jpg
20080527-210718.jpg
20080527-210730.jpg
20080527-210732.jpg
 ただでさえ大きい上にモデルに対してややヒットボックスが余り気味。
さらに移動スピードの遅さも相まってまさに的。
パンチ構え時とサーシャ空転時のヒットボックスの大きさが天と地。
特に体のヒットボックスが大きく設定されているらしく、手足はさほど他のキャラクターと変わり映えしない感じだ。



 エンジニア

20080527-210756.jpg
20080527-210802.jpg
20080527-210808.jpg
20080527-210820.jpg
 頭がデカすぎる。
もう一度言おう。体に対して頭の比率がデカい。
頭のヒットボックスの大きさはどのキャラクターも同じだが体の大きさで頭が全体のどのくらい占めてくるか比率が変わってくる。
エンジニアはたぶん最高っぽそうで、体がすばらしく小さい。
同じく小型のキャラクターに入るスカウトと比べてもかなりの小男で、これじゃあスナイパーに風穴開けられても文句は言えない。
武器の構えやリロードモーションにおけるヒットボックスの推移はあまり注意する点はない。
が、ツールボックスを抱えている時は反り返っている体制になりかなり当たりやすそうだ。



 メディック

20080527-210844.jpg
20080527-210850.jpg
20080527-210854.jpg
 コートに当たり判定がないせいで、パッと見よりは当たり判定は小さめ。
移動スピードもトップクラスなので、仕留めにくさに拍車をかけている。
パイロと違って、背中に背負っているメディタンクに当たり判定無し。
20080527-210902.jpg
 ますますパイロが報われない気が。


 スナイパー

20080527-211010.jpg
20080527-211022.jpg
20080527-211026.jpg
 すいません。マチェットナイフの立ち絵を撮影し忘れました。
マチェットナイフは腕を大きく開くポーズなので当たりやすそうなイメージでした。
彼自身細身であるものの、ヒットボックスは平凡。横幅がないのでかわしやすそうではある。



 スパイ

20080527-211240.jpg
20080527-211246.jpg
20080527-211248.jpg
20080527-211252.jpg
 スマートな体型を裏切ったヒットボックス配置。
一回り大きい幅になっているくせに、縦の大きさが足りないのかスキマが目立つ。
サッパー構えが最も大きい印象。
変身キットを開いている時は猫背なので、ちょっとだけ小さめ。
おまけで透明マント使用時のヒットボックスも撮影してみた。
20080527-211306.jpg
 ナイフ装備時の透明マント。
もちろんヒットボックスは変わらず。



 追記

どのキャラクターも移動するとヒットボックスがズレました。
まあ当然と言えば当然かもしれませんが……
私の環境や設定ではモデルよりも先行する形でヒットボックスが動いていました。
おそらく現在のスピードや操作から予測してヒットボックスを移動させてるのでは。
激しく動いたりすると大きくずれますし、ゆっくりでも激しく動く部位(代表的なのは脚)は真逆といっていいほどズレ込みます。
即着武器や爆発しない武器で脚を狙うのは得策ではないでしょう。
実際のサーバー上では少し遅れるハズなので意外とぴったりなのかも。

20080527-203850.jpg
 最も走っているときズレが出なかったのがスパイ。かなり忠実でその時の動きやモーションにピッタリな動きをしてくれる。

20080527-203858.jpg
 スナイパー、前を向いて左に移動したとき。
ヒットボックス自体はなぜか前に進むモーション。脚の動きが違い過ぎる。

20080527-203928.jpg
 スカウト、ジャンプ一段目の大きく足を開いたとき。
なぜかヒットボックスの形がCS風脚には当たり判定がなさそうだ。

20080527-210942.jpg
 スカウト、左に走っているところを右から見たとき。
豪快にズレる。ヘッドショットを狙うのは難しいだろう。



 のゲーム自体、CSのようにヒットボックスを意識するほどシビアなゲームではないためズレズレでも気にしなくてもいいかなと思いました。
実際私はソルジャーやデモマンをすることが多いので、余計に気にしなかったのですが、スナイパーやスカウトを使う人も多いと思って調べてみました。
知りたい人は実際に鯖立てて調べてみるといいと思います。
スポンサーサイト

comment

Secre

No title

たしか、CSSでもヒットボックスがずれやすく、
以前のアップデートでスキンを打てばダメージをあてられるようになったような気がします。
TF2ではどうなんだろう?
おそらくスキン=当たり判定な気きもするんだけどなー

No title

こんなにズレていたのかちょっと驚いた

No title

まぁ現状でもパスパスヘッドショット出す人がいるから、結局その人の腕なんだよなぁ。

No title

キャラによって結構違うんですね。
エンジでそれなりに撃ち勝てるのは、HITBOXが小さいおかげかも。
それにしても、パイロさん・・・

No title

パイロカワイソス

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>ロケランとデモのグレネードの直撃判定と爆発の範囲もよければ調査お願いします

私も気になるファクターではあるのですが、検証自体がかなり難しいのでいい方法が思いつくまでおそらく調査できません……
コメントからすると調べてほしいのは、
1,ロケットランチャーとグレネードの爆破によるダメージ範囲
2,ロケットランチャーとグレネードの直撃判定(当たり判定)範囲
でいいのでしょうか?

問題はグレネードですね。
検証するとなると同じ環境同じ状態で何度も試行する必要があるので、
毎回同じように飛んでくれないグレネードは調査に置いて厄介ですね。
Wikiによれば粘着爆弾でさえ着弾地点がブレるので……
ロケットランチャーくらいなら調べられるかもしれません。
ちょっと挑戦してみようと思います。
プロフィール

Kaboom

Author:Kaboom
TF2で活動しています。
クランには入っていません。カスタムマップを作ってます。
スパイが苦手なダメな子です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。