スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジニアを効率よく使う

 ントリーガンやディスペンサー、テレポータで味方を補佐するエンジニア。
彼は他のクラスにはないデバイス(建造物)を用いて戦場で活躍する。
そんな特殊な彼を効率よく運用する方法は?
 ず、ここではある程度エンジニアを扱ったことがある上で、補助知識としてエンジニアのことを知ってほしいと思う。

メタルは最大200点まで持ち歩ける。リスポーンしたときからすでに最大である200点のメタルを手にしたまま復活できるので安心。
そのメタルを使って様々なデバイスを作成することができる。
全部でセントリーガン、ディスペンサー、テレポータ入口、テレポータ出口の4つ。
すべてのデバイスに共通することを最初に覚えよう。

設計図を開いている状態で右クリックするとデバイスの向きを変更できる

 一回右クリックするたびに反時計回りに90度向きを変更する。
セントリーガンは敵が射程距離に入ってから向きを変えるまでの時間を短縮できるため、敵が来そうな方向にしっかり向けておこう。

 テレポータを利用した後のキャラクターの向きはテレポータ出口の向きと一緒。
つまり、テレポータ出口を逆に向けているとキャラクターは逆を向いてテレポートしてくるということ。
テレポートしたあと「ここはどこなのか」「どこへ行くべきなのか」がすぐに判断できる向きにしておこう。
テレポートしたら目の前が壁、テレポートしたあとまっすぐ進んだら自分のチームのリスポーン地点に到着した。逆走してた。などは最悪。
テレポータ入口の向きは関係ないので適当に作ってOK。

 SGはともかく、テレポータ出口は何回も右クリックするとどっち向きなのかわからなくなることがある。
そんな時は設計図を見てみよう。ちゃんと向きが矢印で書いてあるのだ。
テレポータ出口の設計図には書いてあるのに、向きの関係ないテレポータ入口には書いてない。
tele01.jpg

何という細かさ。TF2開発チームやるじゃないか。
SGの設計図にも一応書いてある。でもSGは形で向きがわかるよね?

作成中のデバイスをレンチで叩くと作成スピードが上がる

 大抵の人が知っているはず。けど、やらない人多め。
作成時間の早さは、

セントリーガン
各種テレポータ
ディスペンサー

の順。SGはともかくディスペンサーは叩いた方がいい。作成スピードが向上するということはそれだけディスペンサーの生み出すメタルの時間単位の量を増やせるということ。
テレポータも叩いて早くアクティブ化すればその分だけ仲間が早くテレポータを利用できる。

また、仲間のデバイスを叩けばもちろん速くなる。味方がメタルを集めてる間、作成中のディスペンサーやSGを叩いてあげるだけで随分助けになる。
二人でディスペンサーを叩いてアクディブ化すると鼻血が出るほどマッハで仕上がるので面白い。




 に各デバイスの豆知識を箇条書きで。

  セントリーガン
・作成時間が最も短い
・必要メタル130点で全デバイス中最も高価
・レベル3までかかるメタルの費用は530点。タケー!
・マシンガンの一発の威力はどのレベルも変わらない
・ロケットランチャーの威力はさほど高くない
・弾薬が最大でないとメタルの投資を行えない
・レベル2からレベル3、などレベルアップモーション中のSGは攻撃しない
 (敵が来そうなときや来てる時はむやみにレベルアップさせないほうがいい)
・一番近い敵から攻撃する
・全デバイスの中で最も背が高い
 (ディスペンサーと同じに感じるが若干SGのが高い)
 (どのレベルでもSGの幅や高さは同じ)

  ディスペンサー
・作成時間が最も長い
・必要メタル100点。最も安価。
・作成完了時に25点のメタル在庫がある。そのあとすぐに40点の在庫補給がある。
 そのあとは約5秒ごとに40点のメタル補給がある。
・壊れやすい
 (SGと同時にサッパーされるたらディスペンサーから叩くといい)
・最大400点までメタルを貯蔵できる。
 満点のディスペンサーのすぐ横にSGを作成し始めた場合、
 レベル3SGまでノンストップ(最速)で作成できる。
 (SG作成からレベル3までは530点必要だが、SGを叩いてる間もメタルを補てんしてくれるので完成までメタルがなくなることはない)

 テレポータ入口、出口
・必要メタル125点
 (メタル200持ってディスペンサーを立てて、初期在庫25点を手に入れてテレポータ出口を作るコンボ可能)
・一番壊れやすい
 (壊されにくい所に作ろう。道の真ん中や広場の中央なんかもってのほか)
・足が速いエンジニアはなるべく使わない
 (SGが壊されそうなときは別)
・テレポータ入口には出口のある方向に矢印が表示される




 タルのマネージメントについて、少し。
エンジニアにとってメタルは大変重要なステータスだ。
何をどうすればメタルを手に入れられるのか覚えておこう。

・リスポーン地点の回復棚を利用する
  200点まで補給される。つまり最大まで。

・ammoパックを拾う

  小は41点
002.jpg


  中は100点
001.jpg


  大は200点
003.jpg


 マップのどこにメタルがあるかすべて覚えておこう。
どこにメタルがあるか解らずウロウロしすぎるのはマズイ。
「今いる場所から一番近くて一番たくさんメタルを補給できるのはどこか」というくらいはすぐに考えれるようにしておくとOK。
また、たとえばメタル130点持っているときにammoパック中を取るような真似はやめよう。
そういう時はセントリーガンを二回叩いてから取ろう。
130-25*2(SGに投資)+100=180で無駄なく利用できる。

 最近のアップデートでデモマンとソルジャーの弾数が減ったのでむやみに取るのはやめよう。
あと、他のエンジニアとの兼ね合いも考えて譲り合うこと。

・落ちている武器を拾う
  どの武器を拾っても手に入れられるメタルは共通で100点サーシャを拾っても100点、バタフライナイフを拾っても100点。なんか理不尽だけどそれがエンジニアクオリティ。
  ちなみに壊したサッパーは拾えない。スパイが落としたサッパーなら可能。なぜだ。
  デバイス作成中やメタル集めの時もよーく地面を見ておくこと。戦場の敵味方の死は戦況の判断にもつながる。ただ、落ちてる武器は一定時間で消えてしまうので注意。
  見落としやすい割によく見るのがスパイのバタフライナイフスカウトの強化ショットガン。同じくスカウト、エンジニアのハンドガンかなり小さいのでよく見ること。

 スパイのバタフライナイフ
004.jpg


  ちなみに斧やスコップはかなりレア。デブが素手で死んだ場合は落とさない。
  味方が知らず知らずのうちに取って行ってしまうことも。刹那的なメタル補給手段なので積極的に利用しよう。

 ○メタルのマネージメントについて
   ある程度なれると何を作った後に何を取れば何を作れる、など建設プランを瞬時に考えられるようになります。以下はその例。なおメタルを200点持っていると仮定。カッコ内は所持メタル。

その1(granary開幕)
 テレポータ入口を作成(75点)
 回復棚でメタルを入手(200点)
 テレポータ出口を自陣側電車裏に180度回転で作成(75点)
 最寄の回復棚でメタルを入手(200点)
 二階にディスペンサーを作成(100点)
 最寄りのammoパック小を入手(141点)
 二階にSGを作成(11点)
 最寄りの回復棚でメタルを入手(200点)
 SGをレベル2に強化(0点)
  このあたりで試合が始まります。

その2(dustbowl B 1つ目のCP)
 テレポータ入口を作成(75点)
 回復棚でメタルを入手(200点)
 事務所みたいな小屋にテレポータ出口を作成(75点)
 ammoパック大を入手(200点)
 CP小屋二階にディスペンサーを作成(100点)
 二階のammoパック中を入手(200点)
 SGを作成(70点)
 一階のammoパック中を入手(170点)
 SGにメタル100点投資(70点)
 二階のammoパック中を再び入手(170点)
 と、同時にディスペンサーを仕上げる(195点)
 SGをレベル2にしつつ、ディスペンサーから40点メタルを入手(135点)
  この辺で試合が始まります
 SGにメタル50点を投資(85点)
 一階のammoパック中を入手(185点)
 ディスペンサーに触れないようにSGをレベル3に(35点)
 二階のammoパック中を入手(135点)
 一階のammoパック中を入手(200点)
  これでディスペンサーに修理用のメタルを残しつつ
  メタルを最大まで持ってレベル3SGおよび全デバイスをアクティブ化できます。

その3(dustbowl B 2つ目のCP)
 早めに撤退する(200点)
 CPの最寄りのammoパック中の隣にディスペンサーを作成(100点)
 ammoパック中を入手(200点)
 SGを作成(70点)
 デバイスの作成中に回復棚からメタルを入手(200点)
 ammoパック中に触れないようにSGをレベル2に(0点)
 ammoパック中を入手しつつディスペンサーを仕上げる(100点)
 ディスペンサーから初期在庫を入手(125点)
 ディスペンサーから最初の在庫補填40点を入手(165点)
  これが終わると同時に敵が来ます。
  これで修理用メタルを確保しつつSGレベル2で敵を迎撃できます。
  壊されやすいですが無いよりははるかにマシ。
  レベル3がほしければもっと早く撤退すること。
  ディスペンサーの中身がカラなので、SGを叩きすぎると投資してしまって
  修理用のメタルがなくなってしまうので適度に修理すること。




 バイスの建設位置について

 デバイスが最も活躍できる場所は決まっている。
SGにはSGなりの、テレポータにはテレポータなりの場所が決まっている。

 セントリーガン
・壊されにくい場所
・不用意に来た敵を倒せる場所
・ammoパックの近く
深い
 (角から出てすぐのところにしか作れない浅い角だと死角から爆風で壊されるため)

 ディスペンサー
・味方の集まるor通りかかる拠点
 (granaryの中央CPヘルスパック近くなど)
SGのすぐそば
 (メタルを補給しつつSGを叩けるため)
SGから離れたところ
 (SGが壊されても、巻き添えを食らわなかったディスペンサーのメタルですぐに再建できるため)
ディスペンサーはどうしても難しいところ。メタルの配置や地形をよく見つつ決めてください。

 テレポータ入口
・リスポン地点のすぐ近く
・地面が平坦なところ
  SGやディスペンサーは味方がぶつかっても通り抜けができるが、テレポータは「上に乗る」という判定が必要なため、通り抜けできない。
  そのため、上り坂の途中に作ると本来は走ってぶつかっても乗り越えられるはずの低いテレポータも高くなってしまいジャンプしないと乗れなくなってしまう。CPが取られそうor取れそうな時などの一刻を争う事態で引っかかると非常に煩雑。
005.jpg
 dustbowlの地面にあるデコボコ程度の坂でも引っかかることが多々あるので注意。
・落下ダメージが発生するほど高い場所
 (wllの2,4CP目の三階や、granaryの二段積みのコンテナ上など)




ざっとこんなところですが、まだ書き足りないとこもあるので日を改めて描くかもしれません。
ともかくエンジには気にすることがいっぱいあります。
先々のことを考えつつ、手と頭を同時進行で動かしましょう。
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

Kaboom

Author:Kaboom
TF2で活動しています。
クランには入っていません。カスタムマップを作ってます。
スパイが苦手なダメな子です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。